夏はプール

ここ数年プールなんて行ったことは無かった
フィットネスクラブとかの競泳用じゃなくて豊島園とかのこと
そりゃそうでしょ
40に手の届いたおっさんが子供連れならともかくプールなんて行けるもんじゃない
でも今年は今のところ2回
暑いから?
それもあるけどもちろん女性とです
30代半ばのMNとメール交換はじめて8ヶ月目にはじめて会った
姉御肌で男女間のやり取りとは思えないようなやり取りを続けていた2人の最初に出かけたのがプール
どう考えても艶っぽい話になるような関係じゃない
でもそれなりに勝算あったのも事実
文字通りの芋洗い状態でどうしても肌が密着するのも都合がいい
体重をからかって「水中でじゃないと出来ない」と冗談いいつつ抱きかかえる
今時の若い者でもしないほどの中年いちゃいちゃカップルの出来上がり
当日はそこまで
それなりの気があることをにおわせながらもそのまま帰宅
10日後の2回目ははなから密着
帰り際に「カラオケでも」と見え透いた言い訳でホテルへ入ることを言い出したのは彼女の方だった
「そのまま帰えることになったらどうしようかと思った...」だって
焦らしに焦らしましたよ、ハイ、ベッドの中でも
[PR]
# by kani-syumai | 2004-08-25 00:41 | 隠し事日記

出会い系、会う会わないの話

私のよく使うサイトはいわゆる出会い系サイトのにおいをできるだけ排除しているのが特徴
メール交換を始めた女性のほとんどがいわゆる出会い系には無縁であることを強調する
「あれって怖そうだし...」
ま、最初から出会い系サイトならまかせて!と言う女性はごくごく少数
それでもメール交換を初めると「出会い系」経験の有無はだんだんとわかってくる
「会おうよ」の言葉が男から出るのを待っている
意識するしないに関わらずこの言葉が出ると対応が変わってくる
そのほとんどの返事は判で押したように「そういうつもりは無いの」だ
ただこの言葉が出たとたんに対等であったはずの立場は女性上位に変わる(と信じている)
「会いたい」という男性に「だめ」という女性
そんな関係に酔い始める

半月ぐらいメール交換やチャットをしていた女性が「私来週から夜はヒマになるんだ」と言い出した
そういわれればとりあえず「じゃ、ヒマなら飯でも食いに行く?」と言ったのが間違い
彼女の望む方向に...
話題を別の方向に振っても会う会わないの話に戻したがる
あくまで自分は「その気じゃないんだけど」の前提付きで話を戻す戻す
今までとはうって変わって言葉も強気
結局「別に会わなくても良いんだよ、お互いのヒマつぶしって程度で考えてよ」の一言で激怒
私の方ももうメールはしないよと言ってジ、エンド

失敗しました
いつもは女性から「会ってみようかな」の言葉が出るのを待ってるんですけどね
とりあえず会いたい、ヤリたいと考えるなら良いんだけど、あくまで対等の関係を望む殿方
拙速は拙攻ですよ
[PR]
# by kani-syumai | 2004-08-24 16:41 | 隠し事日記

新規開拓

いろいろと泥沼にはまりそうな状況下でも新規開拓を忘れない
いやはや、つくずく自分の業の深さにはあきれ果てる
1月ころからメールのやり取りだけで続いてきたMNとこんど「いちゃいちゃデート」でもしますか、なんて話になった
1月からこっち少し間を空けながらメールのやり取りをやってきているものの、少なくとも他人に見られても適当にごまかせる程度の内容しか書いていない
少なくともきわめて健全な関係
それでもメールのやり取りを続けていたのはそれなりに予感があったから
たぶんそういう関係を心の奥底では望んでいるんだな、っていう
男とメールのやり取りを続ける女性には2つのタイプがいるように思う
ひとつは艶っぽい話が満載で、誘っているのかな、なんて感じさせる女性
もうひとつは男同士のメールのやり取りのように硬軟織り交ぜた話題ばかりの女性
あなたならどちらとメールのやり取りを続けますか?
私なら後者です
人間誰しも性的な関心の無い人なんていないはず
それを露骨に出すか否かの違いだけでしょう
そしてそれをいかにして引き出すかがメールから付き合っていくためにはいちばん必要なこと
自分で知らず知らずそういった意識を押さえつけている人ほど引き出してあげた後が面白いように感じる
もちろんそのためには最低3ヶ月は時間をかけて徐々に徐々に信頼してもらうことが大切
そんなに長期間自分を飾ってボロが出ないようにするのなんて無理
ある意味自分自身もさらけ出すようにしていったほうが信頼してもらえます
信頼してゆだねてくれるまでじっくりとメールのやり取りをしていく事が肝要
いわば仲のいい、何でも話せる友人関係を作っていくわけです
ネットでの友人関係はかえって身近な人に話せないことも話し合える
逆にお互いのプライベートに入り込んだ人間関係が作りやすい

え?
単なる友達つくりじゃないか?
そうですよ
セフレも友人関係の一形態
そうおもいませんか?
[PR]
# by kani-syumai | 2004-06-24 21:01 | 隠し事日記

恋愛関係は苦手で...

YTから「少しでいいから...」のメールが今日も来ている
別に彼女に対して冷たくするつもりではないのだが少々あぶないものを感じる
少し距離をおいて熱を冷まさせるのが得策かな、と...
もともと押しも不得意ながら逃げるのも不得意
少し間を空けてとは思うのだが週一ペースであってしまう
会えば時間がなくて今日は話だけで、なんて思ってもついつい....
これじゃお互いだめなんだよなぁ
体を合わせるうちにだんだんとお互い馴染んでくると離れがたくなってくる
少なくとも最初はあるていどお互いの欲求を満足させればそれでいいはずが完全な恋愛関係になってきてしまう
苦手なんだよなぁ....
[PR]
# by kani-syumai | 2004-06-24 20:44 | 隠し事日記

積み重ねていくこと

はじめて顔をあわすときはいつもドキドキする
何気なく手が触れただけでも10代の頃のようにうれしい
腕を組んで、手をつないで公園を歩く事がこんなにうれしいものだとは、と思う
抱きしめた体をいとおしく思う
はじめて肌を合わせてお互いにむさぼり合い...
個々までの過程のなんとすばらしい事か
心躍る一瞬一瞬が流れて行く
それがいつのまにかうっとおしさとなっていくのにそんなに時間はかからない
積み重ねて行く事が、日常となって行く事がどんなにつらいことか
そうしてまた新たな対象を探し始める自分の業の深さに少し落ち込んでもいるのだけれどね
妻への愛情とはまた違うのですよと以前ここに書いた
女性たちとの付き合いに求めるのはいつもこういったときめくような一瞬であって決して本物の愛じゃない
こういう事を書くのも最近女性たちの一人との関係がかなり重くなって来た事
あくまでそういう大人の愉しみとしての付き合いのはずがかなり本気の付き合いを求められ始めているということ
冷たい言い方かもしれないけどお互い納得づくだったはずでしょ
愉しみであって悩むことのない付き合いでいたいのだけど...
[PR]
# by kani-syumai | 2004-06-21 00:04 | 隠し事日記